STORK19の購入ページはこちら

以前のテーマのランディングページ(カスタム投稿タイプ)のデータを取り出して固定ページに複製する

旧ストークにはあって、STORK19にはない機能のひとつが、カスタム投稿タイプのランディングページ機能です。

旧ストークの管理画面のスクリーンショット

管理画面の左側サイドバーにあった「ランディングページ」という名前の部分。

この機能はSTORK19では廃止されています。

これまでに上の写真部分にて「ランディングページ」を作っていない場合はこの記事は読まなくても大丈夫です。

旧ストークに限らず、アルバトロス、ハミングバード、スワローにもある機能で、ランディングページを専門でつくるための機能でしたが、固定ページでもランディングページを作成できるようにしたために廃止されました。

ただ、これまで作っていたページが無くなってしまうため、そのページを復元させたい場合、以下の手順で復元することができます。

サイくん

固定ページのテンプレートを利用したランディングページに置き換える必要があります。

ステップ1 「ランディングページ」のメニューを復元する

ランディングページのメニューを復元しなければ、作成していたページ内の内容をコピーできません。

ですのでまず、管理画面上でランディングページ(カスタム投稿)のページを復元します。

【外観 > カスタマイズ > その他の設定】から「カスタム投稿タイプのランディングページを表示する」で「表示する」を選択します。

カスタマイザーの「公開」ボタンを押した後に、また管理画面に戻ると管理画面左側のメニューに「ランディングページ」という項目が出現します。

開いてみると、今まで作っていたランディングページが見れるようになります。

タイトルと本文をコピーする

次に記事の編集画面を開いて、中のタイトルと本文をすべて、固定ページにコピーします。

全選択は、本文のどこかを選択した状態で、キーボードでCtrl + a(Macの場合は⌘ + a)を押せばすべて選択されます。

あとは右クリック→コピー。

コピーできたら次は固定ページを新規作成します。

固定ページを新規作成して本文をペースト

続いて、【固定ページ > 新規作成】から固定ページを新規作成して、先ほどコピーした本文をはりつけます。

あとは、ページのURL(パーマリンク)とアイキャッチ画像などを設定しましょう。

続いて、固定ページのテンプレートを変更します。

同ページの「ページ属性」という箇所を探し、「テンプレート」をランディングページに変更します。

ここまでで、ページをプレビューしてみると、以前までのランディングページと同様にヘッダーやサイドバーのないランディングページが生成されます。

リダイレクト設定

ここまでで、固定ページ版のランディングページはできました。
ただこの場合、ページのURLが変わってしまうことになります。

前ページ:https://www.stork19.com/post_lp/landingpage-noimage/
新ページ:https://www.stork19.com/landingpage-noimage/

このままでは前のページにアクセスした人がリンク切れとなってしまうので、リダイレクトの設定が必要になります。

リダイレクトさせる必要がないという場合はこの設定は不要です。

.htaccessに設定を書く

リダイレクトをするには、.htaccessというファイルに、どのページからどのページにリダイレクトをするかの設定が必要になります。

RewriteRule ^post_lp/landingpage-noimage/$ https://www.stork19.com/landingpage-noimage/ [R=301,L]

上のようなコードを書くのですが、前に書いているURLが、古いURL。(※ドメイン部分以降を書きます)
$から後ろが新しく作ったランディングページのURLとなります。

これを.htaccessに記述するのですが、大体のレンタルサーバーではサーバーの管理画面から編集ができると思います。

例えばエックスサーバーであれば、サーバーのコントロールパネルを開いて、「.htaccess」というメニューから編集できます。

エックスサーバーの画面

うまく記述できていれば、古いURLにアクセスした場合でも、今回新規作成したランディングページに移動しているはずです。

ちなみに、複数ページある場合は、同様にページ数分記載します。(URL部分は変更してください)

RewriteRule ^post_lp/landingpage1/$ https://www.stork19.com/landingpage1/ [R=301,L]
RewriteRule ^post_lp/landingpage2/$ https://www.stork19.com/landingpage2/ [R=301,L]

最後に

すべてのページのコピーが完了したら、カスタマイザー内のカスタム投稿タイプのランディングページを「表示しない」に戻しておきましょう。

ここまでで終了です。

最後のリダイレクトの部分が少し難しいですが、以上がSTORK19にてカスタム投稿タイプのランディングページを復元する方法でした。

サイくん

ページ内にランディングページへのリンクを貼っている場合は、そちらのリンクも変更しておきましょう。

CTAを設置しよう!

ここにリンクさせたい自分の商品やアフィリエイトリンクなどを表示させることが可能です。記事下のCTAは収益化においてかなり重要となるので効果的に使いたいところです。タグを追加してあげれば画像なども表示させることが可能!簡単にサイトの収益化の仕組みを導入することができます。

ABOUT US

OPENCAGEサブテキストがはいります!
ライターのプロフィールが入ります。このライター情報を入れたくない場合は管理画面の ユーザー > あなたのプロフィールの「プロフィール情報」を未入力にすれば表示されません。逆に「プロフィール情報」を入力することでライター情報を表示できます。