STORK19の購入ページはこちら

WordPressテーマSTORK19についてのよくある質問

STORK19の使い方について以下にまとめていきます。

STORK19の使い方は当デモサイトにて公開しております。

詳しくは「STORK19の使い方」よりご確認ください。

STORK19の使い方

子テーマはこちらのページにて公開しております。

子テーマのダウンロードとインストール

通常はZIP形式(圧縮形式)のファイルがダウンロードされますが、ダウンロード時に自動的に圧縮ファイルが解凍されてしまっている場合ブラウザや解凍アプリの設定による影響が考えられます。

解凍されてしまったフォルダ(ダウンロードしたフォルダ)を「 再度圧縮 」し、下記記事のように管理画面からアップロードすることでインストール可能です。

『ストーク19』のご利用は、テーマの新規追加・変更と考えていただければと思います。

そのため、これまでのストークでの一部を除くテーマ設定やカスタマイズ内容、
子テーマのカスタマイズは引き継がれませんので、再設定していただく必要はございます。
(※サイトカラーやロゴ画像、トップページヘッダー画像などが該当いたします。)

以下のページに基本的なテーマ変更時のポイントをまとめております。

旧ストークから新しいSTORK19に変更する際のガイドライン

ストーク19での詳しい設定方法については、下記をご参照いただければと思います。

▼STORK19の使い方

STORK19の使い方

旧STORKから追加された機能は細かく言えばたくさんありますが、大きく変わっている機能は以下となります。

追加された機能(抜粋)

廃止された機能

逆に廃止された機能もございます。

カスタム投稿タイプを利用したランディングページ機能は廃止となりました。代わりに固定ページを利用したランディングページが利用可能です。

以前のランディングページ内の内容を復元する場合は、以下の記事を参照してください。

以前のテーマのランディングページ(カスタム投稿タイプ)のデータを取り出して固定ページに複製する

グローバルナビなどのメニューを作成する場合、ドラッグ&ドロップでメニューを並び替えることができます。

その際、右側に少しずらすことで階層化することが可能です。

▼サンプル動画

記事のレイアウトは以下のものがございます。

投稿ページ:デフォルトデザインとバイラル風ワンカラムの3種類。
固定ページ:デフォルトデザインとワンカラムランディングページの3種類。

それぞれのサンプル記事は以下をご確認ください。

投稿記事レイアウト例

バイラルメディア風で「フルサイズアイキャッチ画像」のワンカラム投稿

横幅いっぱいの投稿ページサンプル

固定ページレイアウト例

ワンカラム固定ページ

ランディングページ

※このリンクは、 「関連記事」ショートコードを使用して作成しました。

WordPressではテーマを変更した際に、まれに以前のテーマで設定していたウィジェットパーツが予期せぬ場所に表示される場合があるようです。

記事タイトルの下や、スマホ表示の際などに、設定した覚えのないウィジェット(新着記事や広告など)が表示されていた場合は、【外観 > ウィジェット】のページにて、各ウィジェット(広告ウィジェット)を展開し、予期せぬウィジェットパーツが挿入されていないかどうかをご確認ください。

記事一覧などの「NO IMAGE」の部分に画像を表示するには、
「アイキャッチ画像」の設定が必要でございます。

アイキャッチ画像は投稿画面で設定ができます。(下記参照)

CTAを設置しよう!

ここにリンクさせたい自分の商品やアフィリエイトリンクなどを表示させることが可能です。記事下のCTAは収益化においてかなり重要となるので効果的に使いたいところです。タグを追加してあげれば画像なども表示させることが可能!簡単にサイトの収益化の仕組みを導入することができます。

ABOUT US

サブテキストがはいります!
ライターのプロフィールが入ります。このライター情報を入れたくない場合は管理画面の ユーザー > あなたのプロフィールの「プロフィール情報」を未入力にすれば表示されません。逆に「プロフィール情報」を入力することでライター情報を表示できます。