マイパターン機能の使い方

マイパターン機能

STORK19では、WordPressに実装されている「パターン(従来の再利用ブロック)」の機能を拡張して、テーマ内などで使いやすくしています。

var.4.0より再利用ブロック(ブログパーツ)の名称を「マイパターン」に変更しました。

管理画面の「マイパターン」から、パターンの新規追加や編集を行うことができます。

STORK19のマイパターン機能の特徴
  • パターンはカテゴリーとタグページに挿入できる
  • パターンはショートコードでも呼び出せる
  • パターンはマイパーツとして登録(非同期化)できる

パターンはカテゴリーとタグページに挿入できる

パターンをカテゴリーやタグページに挿入する場合の、設定方法をご説明します。

手順1:新規パターンを作成する

管理画面の【マイパターン > 新規パターンを追加】からパターンを作成します。

「新規パターンを追加」で、ブロックエディタが開くので、記事作成と同じ要領でパターンを作成できます。

パターンを作成できたら「公開」しましょう。(パターンを使用するには、公開されている必要があります)

手順2:カテゴリー編集画面でパターンを選択する

次は、カテゴリーページにパターンを挿入する手順になります。

管理画面の【投稿 > カテゴリー】から、カテゴリーの編集画面を開きます。

編集画面下方の「パターンの挿入」の項目からパターンを選択します。

カテゴリー編集画面を「更新」して、カテゴリーページのタイトル下にパターンが挿入されているか確認しましょう。

記事一覧の上にパターンが表示されます

カテゴリー編集画面の「説明」欄を入力している場合はパターンに置き換わります。

カテゴリーページでは、ブロックエディタが使えないため、あまり凝ったページをつくることができませんが、パターンを挿入することで、独自のコンテンツを表示できます。

タグページでもブログパーツが利用可能に

2022/08/01 追記
ver3.10.3よりタグページでもブログパーツの呼び出しができるようになりました。

パターンはショートコードでも呼び出せる

パターンはショートコードで呼び出すこともできます。

管理画面の【マイパターン > すべてのパターン】の呼び出し用ショートコードをコピーして、エディタやウィジェットなどに入力することで、任意の場所にパターンを挿入できます。

ウィジェットで使用する場合、パターンの内容によっては表示崩れとなる可能性もあります。

パターンはマイパーツとして登録できる

管理画面の【マイパターン > すべてのパターン】から「STORK:マイパーツに登録」して、各パターンを、マイパーツ(非同期パターン)として使用することもできます。

マイパーツとして登録した非同期パターンは、ブロックエディタの「STORK:マイパーツ」から追加できるようになります。

STORK:マイパーツに登録した後も「マイパターン」にも該当パターンは残ります。

ブロックパターンとして認識

同期パターンを個別に中身を書き換えて使用する場合は、マイパーツに登録して非同期パターンとして使用しましょう。

また、ページ作成時のテンプレートを作成しておいたり、想定しているよりもかなり柔軟な使い方ができるでしょう。