STORK19の購入ページはこちら

広告用ショートコード の利用

広告用ショートコード を2種類登録できます。

[ad1][ad2]というショートコード で、記事内やウィジェットにて登録したコードを呼び出すことができます。

AdSenseでもいいですし、a8.netなどのASPのアフィリエイトバナーのコードでもOKです!

広告コードを一括管理したい場合に便利に利用できるかと思います。

設定場所

【外観 > カスタマイズ > 広告用ショートコード 設定】より設定可能です。

広告用ショートコード の登録は2種類

2種類のコードを登録可能です。

アフィリエイトの広告コードなどを記載して利用すると便利です。

他にも、記事へのリンクなどHTMLを記述してもOK。

呼び出しは[ad1][ad2]と2種類。

記事やウィジェットなどに、書き込めば設定した広告を呼び出すことができます。

記事内の広告コードを書き換えたい場合に、カスタマイザーで一括で変更できるのが便利です。

CTAを設置しよう!

ここにリンクさせたい自分の商品やアフィリエイトリンクなどを表示させることが可能です。記事下のCTAは収益化においてかなり重要となるので効果的に使いたいところです。タグを追加してあげれば画像なども表示させることが可能!簡単にサイトの収益化の仕組みを導入することができます。

ABOUT US

OPENCAGEサブテキストがはいります!
ライターのプロフィールが入ります。このライター情報を入れたくない場合は管理画面の ユーザー > あなたのプロフィールの「プロフィール情報」を未入力にすれば表示されません。逆に「プロフィール情報」を入力することでライター情報を表示できます。