プリセットパターンの紹介

プリセットパターン

STORK19では、ページコンテンツの作成に役立つ数々の「パターン(再利用ブロック)」をテーマ内に組み込んでいます。

ここでは、STORK19に標準セットされているプリセットパターンを紹介します。

プリセットパターンの使い方

投稿・固定ページ編集画面(ブロックエディタ)のブロック挿入ツールから「パターン」を開きます。

STORK: セクション」「STORK: フルワイドページ」「STORK: ブログパーツ」に分類して、プリセットパターンをセットしています。

このように、それぞれのパターンをクリックして追加するだけで、ページ内にコンテンツを挿入できます。

STORK19のプリセットパターン

ブログパーツ

記事ページ内のアクセントとして使えるパターンです。

  • ボックス内リスト
  • 補足説明内リスト
  • マイクロコピー+見出し
  • マイクロコピー+ボタン
  • ボタン付きボックス(2カラム)
  • プラン比較(3カラム)
  • ランキング1(3カラム)
  • ランキング2(3カラム)
  • 記事リスト(新着)+ボタン
  • 記事リスト(カテゴリー)+ボタン

セクション

トップページなどのフルワイドページの構築に役立つパターンです。

  • カバー
  • 見出しとテキスト
  • 2カラム
  • 3カラム
  • メディアとテキスト
  • 吹き出し
  • アイコングリッド
  • 新着記事リスト
  • 記事リスト(2カラム)
  • FAQ
  • FAQ(開閉式)
  • CTA1
  • CTA2

フルワイドページ

ページ全体のコンテンツが1セットになったパターンです。サイト型ページのテンプレートとして使用できます。

  • シンプル
  • コンプリート
  • 記事リスト
  • 記事リスト(2カラム)

このパターンを使用したサンプルページ

シンプル
フルワイドページ:シンプル
コンプリート
フルワイドページ:コンプリート