STORK19の購入ページはこちら

おすすめのプラグインの設定をしよう

STORK19を利用する際におすすめのプラグインを紹介します!

【プラグイン > 新規追加】よりプラグイン名で検索することでインストールできます。

詳しい設定方法についてはここでは記載しませんので、「プラグイン名 使い方」などで検索してみてください。(今後、説明記事を追加していきたいと思います。)

おすすめのプラグイン

できれば導入したいオススメのプラグインです。

WP Multibyte Patch

日本語でWordPressブログを書く場合に、必須とも言えるプラグインです。日本語表示での不具合を修正してくれます。

日本語でブログを書く場合は必須とも言えます。導入しましょう。

Yoast SEO

titleタグを変更したり、SNS関連の設定をしたり、SEO対策のための十分な機能が揃っているプラグインです。

まだSEO関連のプラグインを導入していない方は導入をおすすめいたします。

※「Yoast SEO」以外では、「All in One SEO Pack」というプラグインも有名です。

便利なプラグイン

Autoptimize

JavaScriptやCSSなどを圧縮したり、サイトの表示速度に関連する改善が簡単にできる人気のプラグインです。

EWWW Image Optimizer

画像をアップロードする際に画像を圧縮最適化するプラグインです。基本的にはインストールしておくだけで、画像をアップロードする際に圧縮してくれます。

Regenerate Thumbnails

アイキャッチ画像を再構築するためのプラグインです。

テーマ変更時、アイキャッチ画像のサイズがバラバラになっている場合があります。
その場合、Regenerate Thumbnailsプラグインを使うことで、一括でアイキャッチをテーマ専用のものに再構築ことができます。

Table of Contents Plus

記事に目次(もくじ)を表示させることができるプラグインです。

記事ページに設置した見出しから、自動的に目次を作成することができます。STORK19では、このプラグインのデザインstyleが最初から組み込まれているので、このデモサイトのような見出しが出現します。

CTAを設置しよう!

ここにリンクさせたい自分の商品やアフィリエイトリンクなどを表示させることが可能です。記事下のCTAは収益化においてかなり重要となるので効果的に使いたいところです。タグを追加してあげれば画像なども表示させることが可能!簡単にサイトの収益化の仕組みを導入することができます。

ABOUT US

サブテキストがはいります!
ライターのプロフィールが入ります。このライター情報を入れたくない場合は管理画面の ユーザー > あなたのプロフィールの「プロフィール情報」を未入力にすれば表示されません。逆に「プロフィール情報」を入力することでライター情報を表示できます。