STORK19の購入ページはこちら

Googleフォントの変更

STORK19ではGoogleフォントの変更が可能です。

【外観 > カスタマイズ > サイト全体の設定】の「Googleフォント設定」より変更可能です。

2020/09/10追記 ver1.6.4より選べるフォントが増えています。

  • Quicksand
  • Roboto

上記のフォントが追加されました。

設定イメージ

以下の動画のように直感的に変更可能です。

設定する際のイメージです

この下ではフォントの紹介をします。

1 Concert(デフォルト)

デフォルトのConcertというフォント。

2 Quicksand

ver1.6.4で追加 丸くておしゃれなフォント

3 Roboto

ver1.6.4で追加 シンプルでどんなサイトにもあう人気のフォント。

4 UbuntuCon

細身でシンプルなフォント

5 Lora

明朝体のスタイリッシュなフォント

6 Lobster

動きのあるデザインフォント

サイトタイトルにもGoogleフォントを適用

v1.0.6にて、サイトロゴ(テキスト)にGoogleフォントを適用するかどうかのオプションを追加しました。

【外観 > カスタマイズ > サイト基本設定・ロゴ・ヘッダー】の「サイトのタイトルをGoogleフォントにする」オプションにて変更可能です。

※1 デフォルトでは適用されていません。 ※2 当たり前ですが、ロゴ画像を設定している場合は適用されません。

サイくん

サイトの雰囲気に合わせて変更できるようになったので、対応可能なサイトジャンルが広がりますね!

CTAを設置しよう!

ここにリンクさせたい自分の商品やアフィリエイトリンクなどを表示させることが可能です。記事下のCTAは収益化においてかなり重要となるので効果的に使いたいところです。タグを追加してあげれば画像なども表示させることが可能!簡単にサイトの収益化の仕組みを導入することができます。

ABOUT US

OPENCAGEサブテキストがはいります!
ライターのプロフィールが入ります。このライター情報を入れたくない場合は管理画面の ユーザー > あなたのプロフィールの「プロフィール情報」を未入力にすれば表示されません。逆に「プロフィール情報」を入力することでライター情報を表示できます。