STORK19の購入ページはこちら

パソコン・スマホそれぞれのグローバルナビを設定する

グローバルナビを、パソコン、スマートフォンのそれぞれで最適なものを表示できます。

設定場所

【外観 > カスタマイズ > メニュー】または、【外観 > メニュー】より設定可能です。

ここでは、【外観 > カスタマイズ > メニュー】のページでの設定方法について解説します。まずは管理画面の【外観 > カスタマイズ > メニュー】の項目を開きましょう。

[STEP1] 新規メニューの作成

メニューを新規作成」を押す。

[STEP 2] メニュー名をつける

まずは、任意のわかりやすい名前をつけます。(例ではパソコン用なので「PC用グローバルナビ」にしました。)

次に、下の「グローバルナビ(PC用)」の箇所にチェックをいれます。

次へ」を押します。

[STEP 3] 項目を追加

項目を追加」ボタンを押してリストを表示します。

表示させたいリンク先を選んで追加していきます。(クリックすれば追加されます。)

メニュー追加に関しては、以下の項目も参照してみてください↓

セクションは5つあるので、固定ページ以外にも、カテゴリー一覧などへもリンク可能です。

ちなみに、「カスタムリンク」を使って、ここに表示されていない外部サイトなどへリンクをはることもできます。

以下のように、サブカテゴリーなどを階層化したい場合があると思います。

階層化して、マウスオンで表示させる

このような表示に変更するには、メニューの設定画面で、下の階層に変更したいリンクを少し右に動かします。

すると以下のように少し右に寄った状態になり、「基本設定」というリンクの下の階層に移動したことになります。

[STEP 4] 確認してみる

ここまでできたら、すでにプレビュー画面に表示されているはずなので、確認しておきましょう。

  • メニューが多すぎないか。
  • わかりにくいメニュー名はないか。

などをチェックしておきましょう。

saiくん

基本的な設定はここまでです。お疲れさまでした!

この下では、さらにオプション表示について解説してるよ!

[オプション設定1] サブテキストの表示

サブテキストの表示にも挑戦してみます。
デモサイトでは、メニューの下に英語でテキストがでてますね。

この表示設定について解説します。

メニューの下に英語でサブテキストが表示されている

この設定ですが、メニューのオプションを開いて「説明」の欄にテキストを入力することで表示できます。

ここを入力後にプレビューを確認してみると、以下のようにテキストが表示されるのがわかります。

デザイン的にも目を引きますので、オススメの設定です。

WordPressが初期状態の場合に、「説明」の入力欄が表示されていない場合があります。

その場合は、「説明」が表示されるように設定を変更しましょう。

カスタマイザーの画面ではそれができないので、【外観 > メニュー】のページを開いて設定します。

【外観 > メニュー】のページ

右上の「表示オプション」をクリック。

「説明」にチェックをいれる

「説明」にチェックをいれることで、オプションが表示されるようになります。

[オプション設定2]

CTAを設置しよう!

ここにリンクさせたい自分の商品やアフィリエイトリンクなどを表示させることが可能です。記事下のCTAは収益化においてかなり重要となるので効果的に使いたいところです。タグを追加してあげれば画像なども表示させることが可能!簡単にサイトの収益化の仕組みを導入することができます。

ABOUT US

サブテキストがはいります!
ライターのプロフィールが入ります。このライター情報を入れたくない場合は管理画面の ユーザー > あなたのプロフィールの「プロフィール情報」を未入力にすれば表示されません。逆に「プロフィール情報」を入力することでライター情報を表示できます。