STORK19の購入ページはこちら

「ボックス」ブロックの使い方

文章中で、注釈などにつかえてアクセントになる「ボックスブロック」の使い方について解説します。

大まかには2種類

まずは大まかに2種類のボックスブロックがあります。

  • ボックス(タイトルあり)
  • ボックス

ボックス(タイトルあり)

タイトルありというのは、こちらのようなボックスです。

たいとる

テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。

ボックス

こちらは、タイトルがないシンプルなボックスです。

テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。

オプション

デザインは3種類、色は8種類。全24通りのデザインを作成可能です。

デザインの変更

ボックスブロックのサイドバーオプションにてデザインの変更が可能です。

ノーマル、シンプル、タイトルの3種類※1から選べます。

ノーマル

こちらはデフォルトデザインのボックスです。

シンプル

こちらはシンプルデザインのボックスです。

タイトル

こちらはタイトルデザインのボックスです。

STORK19バージョン1.7から追加されました。

※1 タイトルなしのボックスは、「ノーマル」と「シンプル」の2種類のみとなります。

色の変更

ボックスブロックのサイドバーオプションにてカラーの変更が可能です。

8種類の中から選べます。

サイトカラー

こちらは「サイトカラー(見出し)」が適用されています。

「サイトカラー」はカスタマイザーで設定した見出し色が適用されます。

※ サイトカラーはSTORK19のバージョン1.7から追加されました

カラー

こちらは「ブルー」が適用されています。

カラー

こちらは「レッド」が適用されています。

カラー

こちらは「イエロー」が適用されています。

カラー

こちらは「グリーン」が適用されています。

カラー

こちらは「ピンク」が適用されています。

カラー

こちらは「グレー」が適用されています。

カラー

こちらは「ブラック」が適用されています。

その他の色については、以下の動画でご確認ください。

その他の説明

ボックスブロック内には、通常のテキスト以外にも様々な要素を設置可能です。以下に一例を紹介します。

リストも
  • リストがはいります。
  • リストがはいります。
  • リストがはいります。
  1. リストがはいります。
  2. リストがはいります。
  3. リストがはいります。
画像も

画像も動画もはいります。

タイトルなしのボックスで、注釈代わりに使ってもいいですね。

要はボックス内には、どんなブロックも利用可能です。

記事作成時、とても便利にお使いいただけるのでぜひ有効活用してくださいね。

CTAを設置しよう!

ここにリンクさせたい自分の商品やアフィリエイトリンクなどを表示させることが可能です。記事下のCTAは収益化においてかなり重要となるので効果的に使いたいところです。タグを追加してあげれば画像なども表示させることが可能!簡単にサイトの収益化の仕組みを導入することができます。